介護従事者から医療従事者になる考え方

介護従事者から医療従事者になりたいと考える人は多くいます。
転職に不安を抱いてしまって躊躇しているうちに月日が経ってしまい、タイミングを逃してしまう人もいるのが事実です。
介護から医療へというキャリアパスを思い描くのは共通点があるからであり、どちらも自分の体調に対して不満がある人に手を差し伸べるという面があります。
介護の場合にはそのサポートを行うのに対して、医療では治すことが目的とされるのが特徴です。
介護従事者として治せないままの様子を見てきていると、治すことができる現場で働きたいという発想に帰着するのでしょう。
しかし、医療従事者になれば病気を治さなければならないという責任が生じ、それに対して不安を持ってしまうこともあります。
介護はあくまでサポートであり、満足してもらう点に主眼が置かれますが、医療では治るか治らないかという点で評価されてしまうためです。
その不安を抱いて躊躇してしまうのはもっともなことですが、実際には介護の現場の方が満足してもらわなければならないという責任があるため負担が大きいこともよくあります。
しかし、それらの経験は必ず医療現場でも生かせるものであり、医療業界でしか働いたことのない人ではできない仕事を担っていくことができるのかもしれません。
そのような考え方を持って、医療従事者を目指してみるとやりがいを持って活躍する道を見出だすことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です