医療系から介護系の転職で生じる不安と対策

医療スキルを活用できるのは医療現場に限りません。
医療従事者としてそれぞれの専門分野でスキルを磨いてきた人は介護現場でも活躍することができます。
医師は診断と治療で重宝され、看護師は日常的な医療行為の担い手として活躍しています。
薬剤師や理学療法士など、様々な人が介護現場ではそれぞれの役割を担って介護を支えているのが現状です。
さらに言えば、多くの現場では医療従事者が介護業界へ転職してくるのを期待しています。
医療スキルのある人材が渇望されている事情を理解している医療従事者も増えてきましたが、実際には不安があって医療業界に残っていたり、介護業界で働くのは諦めて退職したりしていることも多くあります。
医療系から介護系に転職するときに不安になるのが介護スキルの不足です。
介護に直接関わったことがない人が多いのは確かですが、現場では人材不足のために直接的な介護の担い手としてのスキルも求められることがよくあります。
そのスキルを新たに習得しなければならないと考えるとハードルが高く感じられてしまうのです。
しかし、全員が幅広い仕事を担っていこうという職場では介護スキルが要求されますが、専門性を重視して仕事を分担しようという方針の職場では専門の仕事に特化することができます。
そのような傾向があるかは職場次第であるため、もし介護スキルに自信がないのなら転職先を選ぶ際に前もって調べておくことが大切です。
よく職場の方針を調べた上で転職すれば、自分が専門としてきた医療スキルのみを活用して介護業界で活躍することができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です